2016年8月11日

Python実行環境を作ろう

MoeItemビルド方法説明の1回目。
今日は、Python実行環境と開発環境を整備するのが目的です。
私のPC環境は、Windows 7(64bit)です。Windows 10で動作するかどうかは分かりません。

1. Python実行環境を作ろう

1.1 Pythonをインストール

Python.orgから(python-2.7.12.msi)をインストールします。
Python2系を使うのは、moeItemがまだPython3系に対応していないため、32bit版を使うのは、Windows 32bit版の利用者にも利用できる実行ファイル(.exe)を作成するためです。
Python-2.7をインストールすると、同時にMicrosoft Visual C++ 2008 Redistributable Packageもインストールされます。

1.2 PyQt4をインストール

Riverbankから(PyQt4-4.11.4-gpl-Py2.7-Qt4.8.7-x32.exe)をインストールします。
PyQtは、PythonでGUIアプリを作成する際の選択肢の一つですが、GPLと商用ライセンスで提供されるので用途を考えて用いましょう。

1.3 PyWin32をインストール

Python Win32 ExtensionをSourceforgeから(pywin32-220.win32-py2.7.exe)をインストールします。
Pywin32は、PythonからExcelファイル等を読み書きするのに使用しています。
(Excelは別途必要です。Excelがインストールされていないと、機能を呼び出した際にエラーが発生します。)

1.3 その他のPythonライブラリをpipでインストール

その他多くのPythonのライブラリは、pipで簡単にインストールできます。
(PyQtとPyWin32はWindowsバイナリが必要なので、pipでインストールできないのです。)
[スタート] [すべてのプログラム] [アクセサリ] [コマンドプロンプト]を開いて、以下のとおり実行します。
C:\> pip --version
pip 8.1.2 from c:\Python27\lib\site-packages (python 2.7)  # 一応Pythonのバージョンを確認しておこう
C:\> pip install pep8  # Pythonの文法チェックのためにいちおう入れておこう
C:\> pip install SQLAlchemy
C:\> pip install pytz

2. 開発に必要な環境を整備しよう

2.1 GNU make

Gnuwin32.sourceforge.net から(make-3.81.exe)をインストールします。
開発では、コンパイル -> 実行 -> 修正 を繰り返すので、ビルド手順をMakefileに纏めておくのです。

2.2 PyScripter

Sourceforge.netから、(PyScripter-v2.6.0.exe)をインストールします。
私の愛用しているPython開発環境です。開発環境は、なにか自分のお気に入りのものを1つ入れておけばよいでしょう。必須ではありません。最近はPyCharmの人気が高いようです。
PyScripterは、Python-2.7.11で動かなくなったのですが、Python-2.7.12でまた動くようになりました。

2.3 Mercurial (hg)

Mercurial-scm.orgから、(Mercurial-3.9-x64.exeまたはMercurial-3.9.exe)をインストールします。
MoeItemのソースコード管理に使用しています。ソースコードは、zipでもダウンロードできるので、必須ではありません。

2.4 Git for windows

Git for windowsから、(Git-2.9.2-64-bit.exeまたはGit-2.9.2-32-bit.exe)をインストールします。
PyInstallerの最新版を入手する際に使用します。

(MoeItemのソースコードを入手しよう に続く)

0 件のコメント: